経理・労務のお悩み無料相談受付中!

0120-201-180

受付 平日9:00~18:00

投稿

2020.09.08
会計が持つ魔法の力

多くの社長が会計は過去のもので結果を表すものでしかないと考えています。
そのため、販売や営業には力を入れますが会計は経理まかせ、税理士まかせとなっています。

しかし、会計にはもっと大きな力が潜んでいます。
その会計を駆使し活用することが会社を強くし成長発展させる原動力となるのです。

しかも、会計は一度理解できれば一生使える強い武器となるものです。
社長の強い味方である会計をものにして会社経営をさらに発展させましょう。

「会計がわからんで経営ができるか」とは京セラの稲盛名誉会長の言葉ですが、正にその通りだと思います。

では、会計にどんな力があるのか?2つの大きな力があると考えています。

会計が持つ大きな力

①未来を推し量って会社の将来を予知する力

会計は現状を把握分析して問題点を発見し問題解決の糸口を見つけだすだけでなく、会社の将来を予知できます

言い換えれば未来の会社の姿を明らかにする力です。
会社の実態をもれなく表すことのできるツールは会計以外にはありません。

ビデオや言葉を尽くしても十分に表現することはできません。会計を使ってこそ会社の実態を見ることができます。
会計は会社の姿を未来にわたって余すところなく見せてくれるのです。

②目標という数値で社員のやる気を引き出し、会社を一つにまとめ成長発展させる力

人は目標を持つと自然にその目標をクリアしようという習性を持っています。
スポーツ選手が目標を掲げ努力するように目標は大きな動機づけになるものです。会社も同様です。

ただし、この数値が機能するためには正しく偽りのない数値であることが必要です。
そしてその正しい数値を作るのは会計以外にありません。
社員とともにその目標に向かって一緒に頑張っていける力を会計は秘めています。

体制の構築

このように大きな力を秘める会計ですが、それには、月次決算を早期に実施できる体制を作ることが重要です。
その体制なくしては、社長の判断ができません。
適時に正確な情報が提供されて初めて適正な判断ができることになります。

経理・労務のアウトソーシング

経理・労務アウトソーシングはその体制を実現する有効な手段です。

会計システムの整備
勤怠管理の難しさ
社員教育
内部体制の整備
・・・

これらにかける時間を省いて一挙に正確で高い水準の結果を手にすることができるのです。それもタイムリーに。

社長はといえば、提出された月次決算を読んで、未来を見据え、社員の力を結集して、次の一手を投じること
“それに集中する”その環境を手に入れることができます。

最後に

いかがでしょうか。
変化が激しい世の中において未来を見据えて次の一手を考えることが非常に重要になってきます。

経理を自ら行っている社長様は是非、東京・新宿 経理・労務アウトソーシングにご相談ください。

経理・労務のお悩み無料相談受付中!お気軽にお電話ください 無料相談の詳細はコチラ

0120-201-180

受付 平日9:00~18:00

バックオフィスサポートメニュー back office menu
  • コストカット診断 無料でコストカットの診断!
  • クラウド導入支援サポート 効率化、コストカットなら必須!
  • クラウド型経理・労務代行サポート 本業に専念するならコチラ!
  • 記帳代行サポート 月額5,000円から手間を削減!
  • 給与・勤怠代行サポート 社員の入れ代わりにも対応!
  • 年末調整代行サポート 年末の忙しさを少しでも軽減!
  • 請求管理代行サポート 正確&スピーディに処理!
  • 支払管理代行サポート 銀行に行く必要無し!
会社情報about us
グループ各社で経営のお悩みをトータルサポート
グループ概要
PAGETOP